理論と経験のISOコンサルタントが、
ISOマネジメントシステム規格の実践と認証取得を支援する特色ある情報を、名古屋から発信しています。
コンサルティング・研修
ISO9001
MS実務の視点
ISO14001
    組織の実務に役立てるための
ISOマネジメントシステム  規格と認証 
   
審査指摘に引きずられない 組織の利益を目指した主体的規格取組みを支援
−組織のための 組織主導の規格理解・規定 (要求事項) 解釈・認証制度利用−
解説 ・ 論評 ・ 情報 ・ メルマガ
 
コンサルティング  

(営業地域:名古屋市・愛知・三重・岐阜)
★ 2015年版 移行支援
  
実務の視点 ISO9001への切り換え
  
実務の視点によるISO9001:2015 解説
+ 変更点と移行対応
」による
  
体制見直し(1〜3日)+マニュアル検討(1日)
(事前学習に引き続き)
  
−現行体制の理解の変更・無駄除去−
−品質保証責任者との議論、作業−
−規格用語を用いない−
−現場を動員しない・手間隙かけない−



 
  規格解説書
 
 組織主導の規格取組み
実務の視点 解説
ISO9001  2015年版
   
     第1分冊 規定解釈 編 
     第2分冊 論理と用語 編

   
2015年版 の規定の真意とその背景を
組織主導の規格取り組みの観点から解説。変更点の分析を含む。

 
 
2分冊仕立て書籍 
 A4版  全375 ページ
 購入お申込みはこちら

 
 
  実務の視点による
ISO9001: 2008 
規格要求事項の解釈

 
認証取得の形式の説明でなく、条文の意図を
一貫した論理で組織の実務に即して
正しく伝える、他に類を見ない本格的解説
 

 
 
プリントアウト版 有償頒布中
A4版  全310 ページ
購入お申込みはこちら

 

論 評
 
2015年版  誤った規格解釈
−誤訳・空論・珍説−

「組織の知識」とは「固有技術」のことか
環境が組織に与える影響の管理
マネジメントシステムの有効性の説明責任
規格解説書は日本では"工学書”

誤った規格解釈・認証制度運用
−権威主義と無批判・盲従−
15年版では品質マニュアルは品質方針書に
品質保証か顧客満足か
驚愕の「顧客満足」新見解
制度運営の権威主義
規格解釈の権威主義
組織の審査対応
 
組織主導の規格取り組み
組織の実務を基礎とする規格解釈
組織に由来するマネジメントシステム規格であ     れば

何も変わってない2015年版
ISO9001 改訂の実態は2008年版並み
改訂解説における文字面解釈
認証組織の利益に資する改訂解釈か
ISO9001 / ISO14001 2015年版 情報
   
ISO9001 実務の視点による     ISO9001: 2015   解説
                        +
変更点と移行対応
                掲載中
組織の利益のための規定解釈  ・  手間暇かけない 改定対応
   
ISO9001
ISO14001
実務の視点による     規格の論理と用語   解説        
     
ISO9001 / ISO14001   2015年版
  順次掲載中
組織の利益のための規格用語解釈・
審査指摘に引きずられない組織としての論理の確立<
   
ISO14001 実務の視点による     ISO14001: 2015   解説
                       
+ 変更点と移行対応
            順次掲載中
組織の利益のための規定解釈  ・  手間隙かけない改訂対応
−組織の立場からは、構造・用語・文章は大幅変更、 趣旨の変更は ほぼ皆無−
   
 

9/7    環境影響                 [概要]  [詳細]
9/15    内部監査                 [概要]  [詳細]
9/24    検 証                   [概要]  [詳細]
■10/27   認 識                   [概要]  [詳細]

■11/13   購買管理                 [概要]  [詳細]
  

9/29   環境が組織に与える影響の管理も必要か?      [要約]  [本文]
10/28  「組織の知識」とは「固有技術」のことか            [要約]  [本文]
  山田 秀氏は、7.1.6項の「組織の知識」を製品サービスやその提供にかかわる「固有技術」のことであると説明している。これは、英文の“organizational knowledge”を「組織の知識」と誤訳したことからも明らかなように、規格の意図に沿わない規定解釈である。
  
 JIS和訳「組織の知識」は正しくは「組織知」であり、要員が業務実行で蓄積した「暗黙知」を「形式知」化し、必要な外部知識情報も織り込んで、組織内で共有して、業務に使用している組織としての知識のことである。対局にある概念は「個人知」である。
「固有技術」とは「管理技術」に対応する用語であり、どちらも「業務の実行、及び、製品サービスの適合性の達成のために必要な知識」であるから「組織知」である。
  
 規定は、管理しなければならない知識が「固有技術」に関わる知識か「管理技術」に関わる知識かという問題ではなく、特定の個人の頭にしかない「個人知」ではなく、多数の関係要員の共通認識となっている「組織知」であるということである。
  
  
6/30改  驚愕の「顧客満足」 新見解          [要約]  [本文]
6/30  品質保証か顧客満足か            [要約]  [本文]
8/8  2015年版でも品質マニュアルは必要(解釈変更の無責任)  [要約]  [本文]

9/25   2015年版でも品質マニュアルは必要(審査指摘のさじ加減)  [要約]  [本文]
  前報のJACBの発表した新解釈では、15年版の「品質方針文書」は、1章(適用範囲)のa)項を実証するような内容でなければならないとする一方、当面の審査では08年版と同種の「品質マニュアル」や「品質方針文書」を見せられても「不適合」とはせず、「改善の機会」に留めるそうだ。
 
  認証制度の枠組みにおいて審査基準を決めるのは審査員の権限ではなく、このような恣意的でお為ごかしの審査基準に基づき審査を行うというJACBの発表は驚きである。このような新審査基準を打ち出した策略までもがインターネットで堂々披瀝されていることは信じられない。認証審査の枠組みの中で自らを不可侵の存在として組織や社会に対している審査員の腹の中がよく見えるだけでなく、見られても平気というJACBの無神経ぶりには背後に潜む権威主義の頑強さまでを晒しているからである。

 
 最新号: (隔月発行)
2017(H29)年8月1日号
■ 1. IATF16949への移行期限
■ 2. ISO9004の改訂作業がDIS段階に
■ 3. ISO45001(労働安全衛生規格)の特徴、及び、発行時期予測
■ 4.ISO50001(エネルギー管理規格)の改訂作業がDIS段階に
■ 5. ISO22000(食品安全管理規格)の改訂作業がDIS段階に
■ 6. ISO9001:2015の鉄道分野のセクター規格が発行
■ 7. 経営コンサルティング業の規格(ISO20700)が発行
■ 8. 電話相談業に関する規格(ISO 18295)が発行
  総 目 次
MS実務の視点
サイト内検索
(google検索 利用) 

  規格規定<要求事項>の解釈 解釈
解説
論評
効果的な経営管理の在り方として
役にたたせる条文解釈
13. ISO9001 2015年版 解説
15. ISO14001 2015年版 解説
14. ISO14001 2015年版改訂の要点
3. 規格の論理 -ISO9000/14000
5. ISO9001 2008年版 解説
2. 英語で読み解くISO9000/140001
6.誤った取組み -ISO9001/14001
7.この和訳ならよくわかるISO14001
8.規格と認証の利用 事例研究
9. ISO14001 2004年版 改定の要点
10. ISO9001 2000年版 改定の要点
11. ISO9001 2008年版 改定の要点
 
 ISOコンサルタント の切り口 論評
論評 論理が明確で一貫した辛口批評、主張
5. ISO9001/14001 2015年版
   誤訳・空論・珍説

 
論評 我田引水  −ISO取組みのの疑問と正解
1.組織の取組み   の疑問と正解
2.規格理解・規格解釈   の疑問と正解
3.認証制度と運営   の疑問と正解
 
閑話 枝葉末節  −認証で起きていること
4.認証業界よもやま話
 

  ISO マネジメントシステム規格 規格
解説 規格作成の背景、
及び、目的、狙いと意図
1. ISO マネジメントシステム規格とは
2. ISO9001 規格
3. ISO14001 規格
8.関連する その他のISO規格
9.ISO9000/14000 次回改定動向
 
ISOマネジメントシステムの確立 システム
解説 経営管理の業務体系の確立
規格に照らした見直し
1. マネジメントシステムの構築とは
2.マネジメントとマネジメントシステム
 
     
| ホームISO規格 | システム構築規格規定解釈論評 |  メルマガコンサルティング・研修
ホーム
MS 実務の視点 − ISO9001/ISO14001 コンサルティング・研修
サニーヒルズ コンサルタント事務所
〒458-0031 名古屋市緑区旭出2−909         ms06@ms-jitsumu.com
本ウェブサイトの内容は主宰者の著作権の対象となります。個人的使用及び原典を明示しての引用、部分的編集、転載、複製は歓迎しますが、営利目的の利用は認めません。
なお、本ウェブサイト登載の情報の、読者による如何なる使用の如何なる結果についても、主宰者は如何なる責任も負いません。