理論と経験のISOコンサルタントが、
ISOマネジメントシステム規格の実践と認証取得を支援する特色ある情報を、名古屋から発信しています。
コンサルティング・研修
ISO9001
MS実務の視点
ISO14001
    組織の実務に役立てるための
ISOマネジメントシステム  規格と認証 
   
審査指摘に引きずられない 組織の利益を目指した主体的規格取組みを支援
−組織のための 組織主導の規格理解・規定 (要求事項) 解釈・認証制度利用−
解説 ・ 論評 ・ 情報 ・ メルマガ
 
コンサルティング  

(営業地域:名古屋市・愛知・三重・岐阜)
★ 2015年版 移行支援
  
実務の視点 ISO9001への切り換え
  
実務の視点によるISO9001:2015 解説
+ 変更点と移行対応
」による
  
体制見直し(1〜3日)+マニュアル検討(1日)
(事前学習に引き続き)
  
−現行体制の理解の変更・無駄除去−
−品質保証責任者との議論、作業−
−規格用語を用いない−
−現場を動員しない・手間隙かけない−



 
  ISO9001   解説書
 
 組織主導の規格取組み
実務の視点 解説
ISO9001  2015年版
   
     第1分冊 規定解釈 編 
     第2分冊 論理と用語 編

   
2015年版 の規定の真意とその背景を
組織主導の規格取り組みの観点から解説。変更点の分析を含む。

 
 
2分冊仕立て書籍 
 A4版  全375 ページ
 購入お申込みはこちら

 
 
  実務の視点による
ISO9001: 2008 
規格要求事項の解釈

 
認証取得の形式の説明でなく、条文の意図を
一貫した論理で組織の実務に即して
正しく伝える、他に類を見ない本格的解説
 

 
 
プリントアウト版 有償頒布中
A4版  全310 ページ
購入お申込みはこちら

 

論 評

不祥事とISO認証
−認証業界の責任−

今年も不祥事発覚−審査は適切か
認証の枠組では認証機関の不適合
品質不祥事のISO9001的原因は明白
KYB・川金不祥事は認証業界の大失態
KYB社の免震改竄不祥事は検査不正か
不適合見落としの是正処置実施は公約
一連の品質不祥事に必要な予防処置
データ改ざん不祥事は認証制度の不祥事
不祥事に対する認証業界の責任意識
  
誤った認証制度運用
−権威主義と無批判・盲従−

がっかり・やっぱり −JABシンポジウム
社会に役立つ認証制度の一歩となるか
労働安全衛生三規格が乱立  
不正審査で認証機関が認定停止処分に
審査料金値引き規制、消費者負担想
15年版では品質マニュアルは品質方針書に
品質保証か顧客満足か
制度運営の権威主義
規格解釈の権威主義
組織の審査対応
 
2015年版  誤った規格解釈
−誤訳・空論・珍説−

「利害関係者」に従業員は含まれるか?
環境影響を伴わない緊急事態とは
「組織の知識」とは「固有技術」のことか
環境が組織に与える影響の管理
マネジメントシステムの有効性の説明責任
規格解説書は日本では"工学書”

何も変わってない2015年版
ISO9001 改訂の実態は2008年版並み
改訂解説における文字面解釈
認証組織の利益に資する改訂解釈か

組織主導の規格取り組み
組織の実務を基礎とする規格解釈
組織に由来するマネジメントシステム規格であ     れば
ISO9001 / ISO14001 : 2015     解説     
   
ISO9001  ISO9001: 2015   解説
                        +
変更点と移行対応
                掲載中
組織の利益のための規定解釈  ・  手間暇かけない 改定対応
   
ISO9001
ISO14001
    規格の論理と用語   解説        
     
ISO9001 / ISO14001   2015年版
  順次掲載中
組織の利益のための規格用語解釈・
審査指摘に引きずられない組織としての論理の確立
   
ISO14001 ISO14001: 2015   解説
                       
+ 変更点と移行対応
            順次掲載中
組織の利益のための規定解釈  ・  手間隙かけない改訂対応
−組織の立場からは、構造・用語・文章は大幅変更、 趣旨の変更は ほぼ皆無−
   
 

■2/13  製品及びサービスに関する要求事項のレビュー   [概要]  [詳細]
■12/13  製造及びサービス提供        [概要]  [詳細]
■10/23  保 存        [概要]  [詳細]
■10/9  適用除外・適用性        [概要]  [詳細]

  
  
9/19  規格不適合を見落としに対する是正処置の実施は公約 [概要]  [本文]
韓国の福島産水産物の禁輸措置を認めるWTO決定
とISO9001の 顧客満足
     <R1.5.1>
   韓国による東北地方産水産物の輸入禁止措置を不当とする日本の訴えを退けた4/11のWTOの判断に納得がいかない安倍首相は、6月のG20ではWTO改革を提案するそうである。しかし、市場経済、自由貿易では、売手が放射能測定しているから安全だと言っても、買手が心配だから買わないと言えばそれまでである。
 
  禁輸措置が消費者に支持されている状況なら韓国政府が禁止措置を解除しても、消費者は買わない。1980年頃の米国では政府が強める日本車輸入抑止圧力に呼応して自動車労組が日本車をハンマーで壊して気勢を挙げる場面がテレビで放映される一方で、同様に排斥対象だった鉄鋼材料を製造する工場の巨大な駐車場には日本車がずらりと並んでいたという事実がある。
 
  現代マーケティング論では、自分の意向や想いに応えられていると顧客が判断する商品しか売れない。「顧客満足」とは顧客の判断であり、組織が決めるものではない。ISO9001では、組織を永続的に発展させるには「顧客のニーズと期待及び適用される法規制を満たした製品サービスを一貫して提供すること」が必要とし(1.a)項)、「トップマネジメントがこのことに職を賭す覚悟で統率力を発揮しなければならない」と規定している(5.1.2項)。
 
  慰安婦、徴用工問題への不純な意趣返しとの見方も、現代マーケティング論では否定できない。今日では、顧客が商品を買うかどうか判断する時は、商品の機能や品質だけでなく、苦情対応など付随するサービス、更には経営の安定性をはじめ、例えば汚水排出、火災、粉飾決算、過労死など商品と無関係な出来事に対しても顧客が自分自身の基準を設けて評価するというのが常識だからである。輸出したければ韓国政府に圧力を掛けるのではなく、政治問題も含み韓国の消費者の意向や想いに働きかけなければならない。
 
 <詳しくは こちら>
 その他は  こちら

 
 最新号: (準定期発行)
2019(H31)年4月1日号
■ 1.ISO、ハンドブック「統合マネジメントシステム規格の指針」を改定
■ 2.ISO9001のソフトウェア分野への適用の規格 ISO/IEC/IEEE 90003発行
■ 3.EU、人口知能の規格化の必要性検討
■ 4.ISO、AOAとの新5ケ年協力協定を締結
  総 目 次
MS実務の視点
サイト内検索
(google検索 利用) 

  規格規定<要求事項>の解釈 解釈
解説
論評
効果的な経営管理の在り方として
役にたたせる条文解釈
13. ISO9001 2015年版 解説
15. ISO14001 2015年版 解説
14. ISO14001 2015年版改訂の要点
3. 規格の論理 -ISO9000/14000
5. ISO9001 2008年版 解説
2. 英語で読み解くISO9000/140001
6.誤った取組み -ISO9001/14001
7.この和訳ならよくわかるISO14001
8.規格と認証の利用 事例研究
9. ISO14001 2004年版 改定の要点
10. ISO9001 2000年版 改定の要点
11. ISO9001 2008年版 改定の要点
 
 ISOコンサルタント の切り口 論評
論評 論理が明確で一貫した辛口批評、主張
5. ISO9001/14001 2015年版
   誤訳・空論・珍説

 
論評 我田引水  −ISO取組みのの疑問と正解
1.組織の取組み   の疑問と正解
2.規格理解・規格解釈   の疑問と正解
3.認証制度と運営   の疑問と正解
 
閑話 枝葉末節  −認証で起きていること
4.認証業界よもやま話
 

  ISO マネジメントシステム規格 規格
解説 規格作成の背景、
及び、目的、狙いと意図
1. ISO マネジメントシステム規格とは
2. ISO9001 規格
3. ISO14001 規格
8.関連する その他のISO規格
9.ISO9000/14000 次回改定動向
 
ISOマネジメントシステムの確立 システム
解説 経営管理の業務体系の確立
規格に照らした見直し
1. マネジメントシステムの構築とは
2.マネジメントとマネジメントシステム
 
     
| ホームISO規格 | システム構築規格規定解釈論評 |  メルマガコンサルティング・研修
ホーム
MS 実務の視点 − ISO9001/ISO14001 コンサルティング・研修
サニーヒルズ コンサルタント事務所
〒458-0031 名古屋市緑区旭出2−909         ms07@ms-jitsumu.com
本ウェブサイトの内容は主宰者の著作権の対象となります。個人的使用及び原典を明示しての引用、部分的編集、転載、複製は歓迎しますが、営利目的の利用は認めません。
なお、本ウェブサイト登載の情報の、読者による如何なる使用の如何なる結果についても、主宰者は如何なる責任も負いません。