ISO9001/ISO14001 コンサルティング・研修
翻 訳 規 格 の 意 味
(ISO9000/14000)
英語で読み解く ISO9000/14000 (0)
32-02-00
規格の意図
JIS規格は、技術内容、構造、言葉づかいを変えずに
原文のISO規格を日本語に翻訳したものである。
その意味、意図はISO規格と同一
であるから、条文の解釈は
用いられている日本語の意味ではなく、
英原文に基づいて行なわなければならない。
<ISO/IEC GUIDE21: 国際規格の地域規格または国家規格としての採用>
★ 国際規格との一致の程度の分類(4章)
Identical(同一(技術内容、構造、言葉づかいに関して))
Modified(修正された)
Not equivalent(同じでない)
 
★ 地域、国家規格としての採用の方法(5章)
Endorsement method(裏書き方式)
Cover sheet Method(表紙方式)
Republication(再発行)
Reprinting(再版)
Translation with or without reprint of the original(翻訳、 但し、原文付き又は翻訳文単独の場合がある)
Redrafting(再起草)
 
★ その他(5.5.1)
翻訳の場合は、当該国は原文を翻訳文と共に記載することが望ましい。

< JIS規格の性格 : JISQ9001/JISQ14001: 序文>
この規格は、ISO9001/14001を翻訳し、技術内容、及び 規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である
 
<JIS規格についての正しい理解>
JIS規格は、英語原文の逐次訳である。
規格の意味、意図はISO規格と同一である。
日本語の語意を一人歩きさせない。規格の意味、意図は原文に従う。
引用辞書:  (W) Webster's Encyclopedia of Dictionary;  (M-W) Merriam-Webster's;  
              (広) 新村:広辞苑;   (実) 海野:実用英語大辞典(日刊アソシエーツ); 
              (S) M.Swan/金子他:現代英語用法辞典(桐原書店);
翻訳: 英文辞書、ISO規格の翻訳は著者による。また、JIS規格の文章でも*印は、JISと異なる著者の翻訳
論点: (黒字) 著者の見解; (茶色) 著者の問題提起;  (青色) 規格の条文;  
(紫色) 文献(辞書)の引用 
H14.12.25(修: H19.1.5)
禁無断転載 サニーヒルズコンサルタント事務所