ISO9001/ISO14001 コンサルティング・研修
17 ISO 認証制度運用に巣くう権威主義と無批判・盲従  
(誤った認証制度運用)
今年も認証取得組織の品質不祥事が発覚−審査は適切だったか
<66-01-17>
< 要旨 >
   1/12中日新聞はISO9001認証取得組織LIXIL鈴木シャッター社が要員に法定の実務経験年数がないのを偽って検査員資格を取得させ、顧客の防火設備の法定定期点検業務を行わせていたと報じている。
 
  ISO9001登録範囲は「防火シャッターの設計、製造、施工」であるが、点検業務が製品の販売契約の一環として行われているのなら、「引渡し後の活動」として「管理された状態」で実行されなければならない(8.5.1項)。そのために、この業務が必要な職務能力を持つ要員に与えられ(同e)項)、必要な職務能力を持っているかどうかを判断する基準が明確にされ(7.2 a)項)、それに法定防火設備検査員資格の保持が含まれ(同b)項)、また、要員の入退職、異動を見据えて新たな要員にこの職務能力を持たせる教育訓練を行う(同c)項)ようになっているかに着目して審査は行われなければならない。
 
  点検業務の結果のサービスたる製品の品質は、いざという場合にちゃんと機能することを保証できる点検と評価の技術的適切性である。しかし、これは事後検査で評価、実証できないから、点検が法定資格を持った検査員により行われたかどうかが、製品の品質保証にも、顧客の味わう顧客満足度にも重要な意味を持つ(8.5.1 f)項)。
 
  この分野に造詣の深い認証機関であるから、こんなことは承知の上の審査であったはずであり、日産自動車の昨年の同様の不祥事も知っているから、法的資格のない13人もの検査員に違法に点検させていたことを見落としたことには、どのように審査したかについての説明責任がある。
 
  < 本文 >
  打ち続くISO9001認証取得組織の品質不祥事が今年も年明け早々に明らかになった。報道(1/12中日新聞)によるとLIXIL鈴木シャッター社が要員に法定の実務経験年数がないのを偽って検査員資格を取得させ、顧客の防火設備の法定定期点検業務を行わせていたということである。
 
  JABの適合組織検索では同社は、「防火シャッターの設計、製造、施工」を範囲としてJTCCM MS(建材試験センター)の認証を取得している。拠って、この点検業務が自社製造の防火シャッターと無関係の独立した事業であるなら、ISO9001審査の対象外であり、JTCCM MSが咎を受ける筋合いはない。
 
  しかし、定期点検の実施を含めて製品の防火シャターを製造販売しているのなら、ISO9001ではこの点検業務は製品の品質保証に重要な影響を持つ活動としての「引渡し後の活動」である。拠って、この法定の定期点検業務は8.5.1項(製造及びサービス提供の管理)に則って「管理された状態」で実行されなければならない。

  審査員は点検業務が「管理された状態」になっているかどうかを、この業務が必要な職務能力を持つ要員に与えられるようになっているか(同e)項)、また、それを確実にするために7.2項(力量)に則って、その必要な職務能力を持っているかどうかを判断する基準が「学校教育、職業訓練又は職歴」を基礎として明確にされ(同a)項)、この基準には学歴、実務経験年数の要件と合わせて法定の防火設備検査員資格の保持が含まれているか(同b)項)、また、要員の入退職、異動を見据えて新たな要員にこの職務能力を持たせる教育訓練を行わせる仕組みがあるか(同c)項)に着目して文書と記録を審査しなければならない。
 
  この定期点検業務の結果のサービスたる製品は、顧客の有する防火設備が法定の防火機能を有するという顧客の安心感であり、製品の品質は、いざという場合に防火設備がちゃんと機能すると本当に安心してもよいかのどうかの点検と評価の技術的適切性である。しかし、この製品品質を点検作業後の検査で判定することは不可能であり、いざという場合が起こらない限りは評価、実証できないから、法定資格を有する検査員が文書化された手順に基づき点検を行ったかどうか(8.5.1 f)項)が、点検業者の行う製品の品質保証にも、顧客の味わう顧客満足度にも重要な意味を持つ。
 
  とりわけ建設分野に専門性のあることを窺わせる名前を持つ認証機関であるから、審査では要員の法定資格が重要な視点であることは承知の上であろうし、さらには昨年の日産自動車の同様の不祥事に鑑みれば、13人もの検査員に偽りの法定資格をとらせ、実質的には法的資格のない検査員に点検を行わせていたという事実を審査で見落としたことには、どのように審査したかについての説明責任がある。
 
<実務の視点和訳⇔JIS和訳>
  職務能力 ⇔ 力量;   学歴、職業訓練歴又は職歴 ⇔ 教育、訓練又は経歴
H3.1.13 
禁無断転載  (個人的使用のための複写歓迎)
サニーヒルズ コンサルタント事務所