ISOマネジメントシステム規格の組織の役に立つ実践と認証取得を支援する
理論と経験に基づく特色ある情報を、名古屋から発信しています。
情報発信
 
書  籍
       2015年版 規格
実務の視点解説 ISO9001 2015年版
          第1分冊 規定解釈 編 
          第2分冊 論理と用語 編
       2分冊仕立て書籍 A4版  全375 ページ

  本書は、登録証の取得や維持のための形式としての “システム構築”の指南書ではありません。
本書を読めば、規格取り組みの種々の機会に、「これはどういうことか」と組織の利益の観点から生じる規定や用語に対する様々な疑問のすべてに、納得のいく答えを見つけることができます。
 
 内容概要・ 購入お申込みは、こちら

 
    解  説
     規格の規定 (要求事項)
ISO9001  2015年版  解説  + 変更点と移行対応
■ ISO14001  2015年版  解説 + 変更点と移行対応                                                        順次掲載中
 
     規格の論理と用語
■ ISO9001 / ISO14001  2015年版   順次掲載中

     誤った規格解釈
■  誤訳・空論・珍説  2015年版          不定期掲載
  「利害関係者」に従業員は含まれるか?
環境影響を伴わない緊急事態への準備と対応とは
「組織の知識」とは「固有技術」のことか?
環境が組織に与える影響も管理するのか
審査員へマネジメントシステムの有効性を説明する責任
■ 旧版時代から変わってない誤った取組み
  社内校正は規格不適合-しかし活用すべし
監査目標と結論のない内部監査-役に立たない訳
不要で無益な文書管理台帳-形式主義の典型
必要があってはならない文書の定期見直し
ISO事務局という無駄と害
日常点検表の管理者承認印-百害あって一利なし
                                                       その他

 ISO9001で考えるコロナ禍対応
  プロセスアプローチ-的外れで効果のない対策の繰返し
組織と顧客-国民の行動規制という主客転倒
コミットメント-マスクの効果とマスクなし若者への非難
是正処置の意義 -コロナに打ち勝っての五輪
プロセスの効果的な運用及び管理-“やった”けれど
是正処置の有効性 -“新生活様式”施策の効果
顧客満足 -感染防止も経済もが当たり前
是正処置 -「三密」は感染の原因か
計画及び管理 -当然の感染再拡大におたおた
分析 -緊急事態宣言解除判断の非科学的根拠
検査・試験 -先進国比で異常に少ないPCR検査数
                                          R2.5.6 ~不定期 

 ISO9001で考えての政治批判
  説明責任 -黒川人事迷走と安倍首相
分析 -事故防止を理由とする高齢者の免許剥奪
顧客満足 -福島産物禁輸を認めるWTOに異議
                                        R1.5~  不定期掲 

  何も変わってない2015年版
ISO9001 改訂の実態は2008年版並み
改訂解説における文字面解釈
認証組織の利益に資する改訂解釈か

   規組織主導の規格取り組みとは
組織の実務を基礎とする規格解釈
組織に由来するマネジメントシステム規格であれば
時事問題
政府のコロナ禍対応のISO9001流検証
東京の新型コロナウイルス感染者数の変化の分析
★ 8/20 分析五輪期間に激増した感染者数は今後は横ばい、
                    そして 月末には減少傾向が明瞭に

五輪期間を通じて感染者数は予想通りに増加を続けて未曾有の
    5000人/日台に。
人々は自身の感染危機意識を高め対ウイルス防護行動を強化しており、
    今後感染者数は横ばいから減少に向い、月末にはこの傾向が明瞭に
緊急事態宣言の感染減少への無力さがはっきりした
 
★ 7/30 分析五輪期間の感染者数の予測
★ 4/28 分析緊急事態宣言による感染者数減少は根拠ない思惑
★ 3/18 分析緊急事態宣言の効果はまぼろし
★ 12/3 分析社会のウイルス/人接触機会の水準如何で感染増減
★ 11/9 分析感染・重症化防止の観点では普通の感染症
★ 8/8 分析急増は予想的中 + α
★ 7/9 分析予想的中。増加軌道に乗ったかも。
★ 6/6 分析予想的中。まだまだ増える
★ 5/19 分析5月末のぶり返し必至
 
 
  ISOマネジメントシステム規格と関連の海外動向
★ ISO9001:2015 改定見送り決定。次回はあっても2030年頃か
  ■ 1. ISO9001:2015の5年毎定期見直しで改定見送りを正式に決定
■ 2.ISO9001規格利用者調査でも改定要否の意見が拮抗
■ 3. 英国のG7サミット及びCOP26は持続可能性規格適合の国際会議に
■ 4. 米国政府、コロナ対応従事者保護のための応急暫定規格を発行
 メルマガ 最新号: 2021(R3)年7月1日号
 
  論     評
組織の実務と顧客・社会に役立つ規格・認証であるために 
的外れで効果のない対策の繰返しである4回目の緊急事態宣言
ISO9001で考えるコロナ禍対応: プロセスアプローチ
  菅首相は7/8、オリパラをすっぽり包む形の7/12~8/22の4回目の緊急事態宣言発出を発表した。年初の2回目の緊急事態宣言も2度延長し、4/25からの3回目も2度延長し、引続き7/11までのまん延防止等重点措置に移行し、その期限が迫る中での今回の決定である。
 
  宣言の期限が延長になったのは所期の必要な結果が得られなかった、つまり対策が効果的でなかったということであり、これを何回も繰り返すというのは失敗に学ばず、同じ対策を繰り返してきたということである。すなわち、政府のコロナ禍対応には品質関連管理の論理では普通のPDCAが回っていないということであり、その結果が1年以上も感染を抑制できずにいる今日の状況である。
 
  何かを成し遂げるには、やりっ放しではなく、その通りに実行され、その通りの結果が得られたかどうかを確認し、結果に問題があればやり方を変えなければならない。これは製造業の現場では新入社員でも知っている「PDCAサイクル」の管理原則であり、これはISO9001では「プロセスアプローチ」である。  これもまた カタカナ英語のため様々な解釈が唱えられているが、英語“process approach”の意図は「業務の相互連携実行方式」である。ある業務の実行とは一般に、関連する複数の業務(要素業務)が相互に連携して行なわれることと見做すことができるから、ある目標の効果的な達成は、関連する個々の要素業務とそれら全体としての業務をPDCAサイクルで管理しなければならないという論理である。
 
  これまでの3度の緊急事態宣言ではいずれも、飲酒で騒いで感染した無症状の若者が家庭内感染で感染を拡げているとの推論に基づき、外出自粛、飲食店の営業規制を対策としてきた。データ分析や科学的判断など難しい話を持ち出すまでもなく、コロナ感染抑制をその業として担当する首相以下の人々に、緊急事態宣言の相次ぐ失敗という結果をみて、この若者飲酒原因説が誤りではないか、行動・営業規制がその対策として効果的でないのではないかという疑問が湧かないのが不思議でならない。
 
  国会でも予算の議論はしても、決算はその通りに使われたかどうかであり、予算審議時の効果が出たのかどうかの議論はない。政治家や官僚の世界には、PDCA思考は存在しないのであり、コロナ禍対応にそれを期待しても始まらない。ただし、政治家や官僚にPDCA思考がないのは、それを知らないからでなく、失政や怠慢が浮き彫りにされる危険性があるので知らない振りをしているのだろう。
No.28   R3.7.09   詳しくは こちら
 
 
    疑問ある日本の認定・認証体制
権威主義と無批判・盲従
  ISO9001/14001規格解説書は日本では"工学書”
審査料金値引き規制、消費者負担想という考え方
適合性審査から有効性審査へというまやかし
東日本震災直後の被災認証組織に対する審査猶予
■  認証制度のおかしな運用        
  労働安全衛生三規格が乱立
認証組織の不正行為に対する処分は大甘

■ 認定制度のおかしな運用
  ISO9001/14001認証機関 J-VAC社の認定失効
不正審査で認証機関を認定停止処分に
■ 唯我独尊の規格理解、規格解釈      
  15年版では品質マニュアルは品質方針書として作成が必要に
品質保証か顧客満足か
   
   総 目 次
MS実務の視点
サイト内検索
(google検索 利用) 

規格規定<要求事項>の解釈 解説
13. ISO9001 2015年版 解説
15. ISO14001 2015年版 解説
14. ISO14001 2015年版改訂の要点
3. 規格の論理 -ISO9000/14000

6.旧版時代から不変の誤った取組み
2. 英語で読み解くISO9000/140001
8.規格と認証の利用 事例研究
7.この和訳ならよくわかるISO14001
9. ISO14001 2004年版 改定の要点
10. ISO9001 2000年版 改定の要点
11. ISO9001 2008年版 改定の要点
5.  ISO9001 2008年版 解説
 ISOコンサルタント の切り口 論評
5.誤訳・空論・珍説
6. 権威主義と無批判・盲従
1.組織の取組み   の疑問と正解
2.
規格理解・規格解釈   の疑問と正解
3.
認証制度と運営   の疑問と正解
4.認証業界よもやま話
ISOマネジメントシステム 時事寸評 論評
1.ISO9001で考えるコロナ禍対応
2. 東京コロナウイルス感染者の増減分析
3. ISO論理からの政治批判
4.規格作成・認証業界



  ISO マネジメントシステム規格 規格
1. ISO マネジメントシステム規格とは
2. ISO9001 規格
3. ISO14001 規格
8.関連する その他のISO規格
9.ISO9000/14000 次回改定動向
 
ISOマネジメントシステムの確立 システム
1. マネジメントシステムの構築とは
2.マネジメントとマネジメントシステム

 
旧 版 書籍
ISO9001:2008規格要求事項の解釈
    (プリントアウト版 A4版  全310 ページ)
 
     
ホーム
MS 実務の視点 - ISO9001/ISO14001 情報発信
サニーヒルズ コンサルタント事務所
〒458-0031 名古屋市緑区旭出2-909         ms07@ms-jitsumu.com
本ウェブサイトの内容は主宰者の著作権の対象となります。個人的使用及び原典を明示しての引用、部分的編集、転載、複製は歓迎しますが、営利目的の利用は認めません。
なお、本ウェブサイト登載の情報の、読者による如何なる使用の如何なる結果についても、主宰者は如何なる責任も負いません。