ISO9001/ISO14001
コンサルティング・研修

   
論評
            ISO9001で考える コロナ禍対応            - 時事問題を実例とする規格解釈
ISOマネジメントシステム規格に関係のあるする最新の報道、ウェブサイト、その他の情報について、
組織の利益に照らしての規格と認証制度の意義と有効性の観点から考えます。
   

、読者の本記事の使用による如何なる結果にも責任を負いません。
用いた情報の真実性には責任を負いません。情報の詳細、発信者の意図に関しては原情報をお読み下さい。


 
No.28  的外れで効果のない対策の繰返しである4回目の緊急事態宣言 (コロナ禍が収束しない訳) ―プロセスアプローチ
                                                                                                            :R3.7.9
  菅首相は7/8、7/12~8/22の4回目の緊急事態宣言発出を発表した。年初の2回目の緊急事態宣言も2度延長し、4/25からの3回目も2度延長し、引続き7/11までのまん延防止等重点措置に移行し、その期限が迫る中での今回の決定である。
 
  宣言の期限が延長になったのは所期の必要な結果が得られなかった、つまり対策が効果的でなかったということであり、これを何回も繰り返すというのは失敗に学ばず、同じ対策を繰り返してきたということである。すなわち、政府のコロナ禍対応には品質関連管理の論理では普通のPDCAが回っていないということであり、その結果が1年以上も感染を抑制できずにいる今日の状況である。
 
  何かを成し遂げるには、やりっ放しではなく、その通りに実行され、その通りの結果が得られたかどうかを確認し、結果に問題があればやり方を変えなければならない。これは製造業の現場では新入社員でも知っている「PDCAサイクル」の管理原則であり、ISO9001では「プロセスアプローチ」である。これはカタカナ英語の故に様々な解釈が披瀝されているが、要するに「PDCAサイクル」のことである。ISO14001の規定では単純に「PDCAサイクル」である。
 
 
政府のコロナ対応では、飲酒で騒いで感染した無症状の若者が家庭内感染で感染を拡げているとの推論に基づき、外出自粛、飲食店の営業規制を対策としてきた。コロナ感染抑制をその業として担当する首相以下の人々に、緊急事態宣言の相次ぐ失敗という結果をみて、この若者飲酒原因説が誤りではないか、行動・営業規制がその対策として効果的でないのではないかという疑問が湧かないのが不思議でならない。
 
   国会の決算審議で予算時の効果が出たのかどうかの議論がないように、政治家や官僚の世界にはPDCA思考は存在しないから、コロナ禍対応にそれを期待しても始まらない。だが、PDCAサイクルを知っているが、それでは失政や怠慢が浮き彫りにされる危険性があるので知らない振りをしているのだろう。
   
 こちら

No.27  国民の行動規制というコロナ禍対応における主客転倒 (コロナ禍が収束しない訳) ―組織と顧客                                                                                                                                                                                         :R3.4.23
  国民主権の日本では政府のコロナ禍対応は、国民の税金を基に政府が行なう国民に健康で文化的な生活を保証するというサービス活動の一環である。品質保証管理の実務とその指針のISO9001に則ると、国民はこの結果の健康な社会環境という“サービス製品”を受けとる“顧客”であり、コロナ禍対応を主管する政府の新型コロナウイルス感染症対策本部はこの“サービス製品”を顧客に提供する“組織”である。
 
 組織は顧客に製品を買ってもらって成り立つから、不良製品を出してはならず、出した場合は必要な“資源”を投入して効果的な再発防止処置をとり、顧客からの信頼を維持しなければならない。ここに、新型コロナ感染流行は、国民がその維持を政府に委託した健康な社会環境を逸脱した事態であり、政府がこの事業で国民に提供した不良サービス製品であるから、製品提供組織の政府は顧客たる国民に対してその不良サービス製品たる感染流行を抑える処置をとらなければならない。
 
  然るに、政府のコロナ禍対応では、国民が感染し拡げるのだからと国民に行動規制や行動変容を求めることを政府の責任の感染流行抑止処置としてきた。菅首相のコロナ禍対応では国民は顧客ではなく、顧客は自らも政治上の体面たる菅首相自身であり、国民はその満足の実現のために使用される“人的資源”に過ぎない。この結果が繰り返される国民の行動規制であり、コロナ禍対応は国民から日常生活を奪っただけで、大金を費やしながら感染症流行を抑制する社会基盤には何の進歩ももたらさなかった。
 
  菅首相がコロナ禍を克服した宰相として名を遺すには、国民は政府のコロナ禍対応の手段ではなく顧客であり、その望みはコロナ禍対応コロナ禍であっても普通の生活ができるようにしてほしいと要求できる立場にあること、さらには、首相や関係の閣僚、官僚は国民を顧客とする健康生活保証サービスを提供する職業を選び、それにより生計を立てているという事実に気づかなければならない。
 こちら

No.26  マスクつけても感染するのにマスクをつけない若者が感染拡大の原因とは ?  ―リーダーシップ及びコミットメント                                                                                                                                                                     :R3.2.14
  こちら

No.25  再発防止対策ないのに“コロナに打ち勝って”の五輪開催とは―是正処置の意義                                                                                                                                                                                                       :R3.2.1
  こちら

No.24 保健所に「やれることはやった」と言われても集団感染で公演は中止に―プロセスの効果的な運用及び管理                                                                                                                                                                   :R2.10.15
  こちら

No.23   新規感染者数の7月末ピーク到達は“新生活様式”施策の結果なのか  ―是正処置の有効性                                                                                                                                                                                  :R2.9.23
  こちら

No.22   政府のコロナ禍対応では感染防止も経済活動も同時に  ―顧客満足       
                                                                                             
R2.8.26
  こちら

No.21   「3密」は新型コロナウイルス感染の原因ではない  ―是正処置       
                                                                                             
R2.6.19
  こちら

No.20   東京の新型コロナウイルス新規感染者数、予想的中、まだまだ増える  ―  計画及び管理
                                                                                             
R2.6.06
  こちら

No.18  東京の新型コロナウイルス 新規感染数、今月末ののぶり返しは必至 分析
                                                                                                                                   : R2.5.19
  こちら 

No.17 過少PCR検査では効果的なコロナ禍対応は不可能 -検査・試験
                                                                                               
R2.5.06
  こちら
 

| ホーム  | ISO規格 | システム構築要求要項コンサルティング・研修海外の動向コンサルタントの切り口 | 海外の文献|
ISOマネジメントシステム規格  情報発信   サニーヒルズ コンサルタント事務所   名古屋市緑区